生後1週 - 授乳

ご出産おめでとうございます。赤ちゃん訪問のハガキ(出生通知票)は出して頂けましたか?保健所から訪問させていただきます。母乳は最高の栄養源、吸わせるうちに赤ちゃんもお母さんも上手になります。赤ちゃんは泣くのが仕事ですから、おおらか気持ちで大丈夫。お母さんは出産の疲れと赤ちゃんのお世話で疲れています。赤ちゃんが寝ているときは、横になり体を休めましょう                                                   子宮の大きさが元に戻るのに1ヶ月程度かかります。また、後陣痛、会陰痛、痔、便秘、母乳の手当てなどお母さんの負担は多く、家事や育児のサポートが必要な時期です。
・母乳が出るようになるために
・おむつの替え方
・衣類の着せ方
・お風呂の入れ方

退院後赤ちゃんのいる生活がはじまりました。母乳が良くでるように1日10回以上は吸わせましょう。お母さんもしっかり食べましょう。疲れすぎると母乳の分泌が悪くなるので、早目に休息をとりましょう。母乳が出るしくみは、「赤ちゃんが吸う→プロラクチンを出せという脳からの指令→母乳が出る→さらに赤ちゃんが吸う→オキシトシンを出せという脳からの指令→母乳がしぼりだされる」を繰り返します。
*おむつの替え方:赤ちゃんは腹式呼吸ですので、おへそのまわりを締め付けないようにしましょう。また、おむつを外したり着けたりするときは、特に生後5ヶ月までは、股関節脱臼の予防のため、足を持ち上げるのでなく、おしりに手を当てて持ち上げましょう。
※衣類の着せ方:生後1~2ヶ月になるとお母さんと同じ枚数にします。3ヶ月位から動きが活発になりますので、上下分かれた洋服が望ましく、生活のリズムをつけるため夜はパジャマを着せましょう。おうちでのお風呂は1か月健診のころまではベビーバスを使いましょう。お父さんお母さん、手伝ってくれる人のやりやすい方法で沐浴してください。ベビーバスの中で洗っても外で洗ってもよいです。石鹸を使って汚れを落とし、その後ガーゼを使って石鹸分が残らないようにしてください。


・赤ちゃんの口の中

生まれたばかりの赤ちゃんはお口の中にむし歯菌を持っていません。しかし、家族からむし歯菌は感染するといわれています。スキンシップをやめる必要はありませんが、むし歯菌の感染を防ぐためにも、家族みんなでお口の中を清潔に保ちましょう。                  ※先天性歯                   生まれたばかりの赤ちゃんは歯がはえていませんがまれに、歯がはえている場合があります。これを先天性歯といいます。はえたばかりの歯は先端がとがっていて鋭くなっていることがあり、哺乳時に赤ちゃんの舌やお母さんの乳首を傷つけることがあります。また歯がグラグラしている場合もあります。その時はかかりつけ歯科医に相談しましょう。             ※上皮真珠                 歯がはえる前に、歯肉に真珠のような白い粒ができることがあります。これを上皮真珠といいます。大きさや数は様々です。自然に消えていくので、心配はいりません。

//こんにちはあかちゃん事業//子育てインフォメーション//子育て支援センター

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP