子どもによる大人用の医薬品の誤飲が多く発生しています

子どもの行動の特徴をふまえ、特に、子どもが誤飲すると入院等の重い中毒症状を呈するリスクが高い医薬品
(向精神薬、気管支拡張剤、血圧降下剤及び血糖降下剤)
の家庭における保管については十分注意しましょう。

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP