1歳未満の乳児に、はちみつを与えないでください

 はちみつの摂取が原因と推定される乳児ボツリヌス症による死亡事例がありました。乳児ボツリヌス症は、1歳未満の乳児がボツリヌス菌の芽胞を含むはちみつなどを食べると、乳児の腸管内で増殖し、毒素を産生させることにより発症します。便秘、筋力の低下(脱力状態)、哺乳力の低下、泣き声が小さくなる、呼吸困難などの症状が見られることがあります。乳児ボツリヌス症の予防のため、1歳未満の乳児に、はちみつを与えるのは避けてください。

※ 芽胞とは
ボツリヌス菌などの特定の菌は、増殖に適さない環境下において、芽胞を形成します。芽胞は、加熱や乾燥に対し、高い抵抗性を持ちます。
芽胞を死滅させるには120℃4 分以上またはこれと同等の加熱殺菌が必要です。100℃程度では、長い時間加熱しても殺菌できません。
                 
池袋保健所 健康推進課

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP